第一種組合員及び後期高齢者組合員は下記の事由が発生した場合、医師国保へご連絡の上、変更手続きをお願いいたします。



事業所に関する事



・所属地区医師会の変更
・保険料の引落口座の変更
・事業所の所在地の変更
・事業所を閉院・休止する
・事業所の名称・事業形態の変更 ※医療法人化等



医師国保へ加入されている事業所が医療法人を設立される場合、原則的には協会けんぽと厚生年金の強制適用となります。
しかし、個人事業所の時から医師国保に加入されていて、従業員が4名までの事業所については、管轄の年金事務所において「健康保険被保険者適用除外承認申請書」を提出して厚生年金に加入されれば、健康保険については、医師国保へそのまま継続して加入することができます。
医療法人を設立される場合は、事前に医師国保までご連絡をお願いいたします。



個人に関すること


・住所・氏名が変更になった場合
・保険証を紛失・破損した場合
・家族の方が修学の為、組合員と住民票が離れる場合




事業所に関する事 閉院 医師会会員継続 医師国保にご連絡いただいて、引き続き加入していただけます。
医師会を退会 医師国保を喪失していただきます。
@国民健康保険被保険者資格喪失届
A被保険者証カード(該当者分)
法人化 医師会会員継続 @健康保険被保険者適用除外承認申請書
A口座振替依頼書(念書)
※変更がある場合
B事業所変更届
健康保険へ変更 @国民健康保険被保険者資格喪失届
A被保険者証カード(該当者分)
移転 @事業所変更届
所属医師会の変更 一旦医師国保を喪失していただき、新規に加入手続きをしていただきます。
@資格喪失届、資格取得届、住民票 等
保険料引落口座の変更 @口座振替依頼書(念書)
個人に関する事 住所・氏名の変更 @国民健康保険被保険者住所・氏名変更届
A被保険者証カード(該当者分)
B住民票(世帯全員記載)
保険証の紛失・破損 @国民健康保険被保険者証再交付申請書

※盗難による紛失の場合は、すみやかに警察に届け出てください。

修学の為、組合員と住民票が離れる @国民健康保険法第116条該当届
※在学証明書を添付してご申請ください。

●国民健康保険被保険者資格喪失届【記入例】



神奈川県医師国民健康保険組合
〒231-0037 神奈川県横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館4F  TEL:045-231-2685 FAX:045-231-2675