出産されたとき

出産育児一時金


組合員及びその家族が、出産(妊娠85日以上の流産・死産を含む)をされた時は、医師国保より下記の出産育児一時金が支給されます。


▼出産育児一時金が変わります 

この度、緊急少子化対策の一環として出産育児一時金等の見直しがおこなわれ、被保険者の方が窓口での出産費用をできるだけ現金で支払わなくても済むように 「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」が、平成21年10月1日から実施されました。


今迄の出産育児一時金の支給は、出産後に組合員及びその家族が、医師国保へご申請を していただき指定口座に振り込みをしておりましたが、改正後は医師国保が医療機関等に出産育児一時金を支払うことになります。 出産費用が420,000円に満たない場合、上限を420,000円として差額分が支給されますので、医師国保へご申請をお願いいたします。


− 記 −

出  産  日 支 給 金 額      
平成21年10月 1日以降 420,000円


医師国保に加入する前の健康保険が社会保険本人で1年以上の資格があり、退職後6ヶ月以内の出産については、 以前に加入されていた社会保険から支給を受けることもできます。その場合は医師国保からは支給されません。 (以前加入していた社会保険から支給を受けない場合は、医師国保から支給します。)


▼社会保険との違い 

医師国保は国民健康保険ですので、退職後半年以内の出産に対する支給や出産手当金という制度はありません。
資格喪失届が提出されて被保険者の資格がなくなると同時に保険請求の資格もなくなります。
社会保険のように被保険者に対する保障制度がないので、仕事を休んでいる間の生活費として支給される出産手当金はありません。



申請手続き


申請を希望される方は、「出産育児一時金支給申請書」をダウンロードしていただくか、医師国保へお問い合わせください。
出産育児一時金支給申請書に必要事項をご記入いただきましたら、出産された医療機関よりいただく「分娩費請求書のコピー」または「分娩費用領収書のコピー」と、「直接支払制度の合意文章」を添付して、医師国保までご送付ください。
また、出生されたお子様が医師国保に加入される場合は、組合員の家族としての申請が必要になりますので、合わせて加入手続きをお願いいたします。


▼お子様が加入される場合 

出生されたお子様が医師国保に加入される場合、「国民健康保険被保険者資格取得届」を送付させていただきます。
資格取得届には必要事項をご記入の上、お子様が記載されている世帯全員の「住民票」を添付して、医師国保までご送付ください。



神奈川県医師国民健康保険組合
〒231-0037 神奈川県横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館4F  TEL:045-231-2685 FAX:045-231-2675